黄ぐすみ

黄ぐすみの解消方法を徹底調査※おすすめ化粧品で素肌美人に!

投稿日:10月 23, 2019 更新日:

若い頃には透明感が感じられた肌も、年齢を重ねるにつれてくすんでしまったと感じることはありませんか?

人の肌は赤味がある状態が普通なので、黄色っぽくくすんでしまうと、とても不健康な印象を周りに与えてしまいます。

顔が黄ぐすみすると「シミ」「シワ」なども目立ちやすくなって、メイクのノリが悪いと感じることも。

ここでは黄ぐすみを解消する方法やおすすめの化粧品をしっかり紹介していきます。

黄ぐすみになる主な4つの原因

黄ぐすみが起こる原因には、主に4つあると言われています。

  1. 紫外線によるダメージ
  2. 血行不良
  3. 糖化
  4. カルボニル化

紫外線は一年中太陽から降り注いでいるものですが、特に夏の暑い時期には紫外線も強くなります。

露出の高い服装をしていると、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

血行不良の場合は、マッサージをしたり栄養バランスの良い食事をする事などで改善する事ができます。

糖化って何?

黄ぐすみの原因に、タンパク質と血液中にある余分な糖分が結びついて起こる糖化があります。

体内にあるコラーゲンやエラスチンといったタンパク質が糖と結びつくと、終末糖化生成物という物質がつくられ、その物質が顔が黄色っぽくくすんでしまう黄ぐすみの元になってしまいます。

糖化が進むと黄ぐすみだけではなく

  1. シミ
  2. シワ
  3. ほうれい線

などをつくりだしてしまうこともあるので注意が必要です。

肌の潤いを保っている角質層が糖化すると、水分を保持する能力が低下して乾燥してしまうんですね。

カルボニル化は糖化よりやっかい

黄ぐすみの原因に糖化だけではなくカルボニル化もあります。

カルボニル化は、体内のタンパク質と脂質が分解したものが結合することによって起こるとされています。

紫外線などを浴びることによって活性酸素が生まれ、脂質を酸化させてしまいます。

脂質が酸化するとアルデヒドになり、そのアルデヒドと体内のタンパク質が結びついて黄色くなってしまうのです。

糖化によって引き起こされた黄ぐすみよりも濃い色になってしまうのがカルボニル化の特徴です。

カルボニル化が起こると、肌の乾燥も進んでしまうんですね。

肌の黄ぐすみをケアする方法を紹介

肌の黄ぐすみを改善するケア方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

1.紫外線対策

黄ぐすみ改善方法として、まず挙げられるのが紫外線対策です。

紫外線を浴び過ぎると肌には活性酸素が大量に発生してしまいます。

活性酸素により肌には様々なダメージがもたらされるのですが、黄ぐすみの原因となる物質も、活性酸素によってその生成が促進されることが明らかになっています。

紫外線からのダメージを防ぐ為に、日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさすといった対策が必要ですね。

また曇りの日や夏以外にも紫外線は年間通して降り注いでいるので、1年中対策を取ることが大切です。

2.適度な運動

黄ぐすみの原因には食事から摂取した余分な糖質が引き金となります。

そのため食事から摂取する糖質を抑えるのは勿論のこと、これをエネルギーとして消費させる事も改善方法の一つです。

効果的なのは適度な運動。

激しい運動をしなくても、適度な運動、ヨガやウォーキングを行う習慣を付けるだけでも、糖質をエネルギーとして消費させることが期待できます。

適度な運動には血行を促進させ、代謝を良くする作用もあります。

代謝が良くなれば黄ぐすみの改善にも効果的です。

3.食事・サプリなどから抗酸化成分を摂る

抗酸化成分と言うのは、先に述べた活性酸素に対抗する成分のこと。

人間の体にも抗酸化機能と言うのは備わっていますが、ストレスや生活習慣の乱れ、また加齢などによりその機能は衰えることがあります。

黄ぐすみの改善方法として抗酸化成分を摂取するのは効果的です。

抗酸化成分はサプリメントでも食べ物でもOKです。

緑黄色野菜の色のもととなっている天然の色素がこれに該当します。

緑茶のカテキン、コーヒーやココアのポリフェノールなどでもいいですね。

糖化・カルボニル化を防ぐことで予防できる

加齢とともに肌の透明感やツヤが失われ、黄色く濁ったような色になってしまう黄ぐすみ。

ここでは生活習慣の中で黄ぐすみ予防対策が出来るので、取り入れていきましょう!

1.甘いものに依存する食生活の見直し

糖分や脂質を摂りすぎないようにすることが第一です。

普段の食生活を見直し、甘いものや間食が多い方は注意してください。

2.紫外線は夏だけでなくしっかり対策

真皮層のコラーゲンやエラスチンが紫外線でダメージを受け、シミやシワの原因になることはよく知られています。

同じように紫外線はタンパク質と糖質の結合を助け、黄ぐすみを悪化させる原因にもなってしまいます。

紫外線対策はアンチエイジングの基本中の基本です。

夏の昼間は言うまでもなく、直射日光の弱い冬や曇りの日でも、紫外線は肌に届いて確実なダメージを与えています。

サンスクリーンや日傘などで紫外線をカットするとともに、外出した後のアフターケアにも十分に気を配りましょう。

3.運動や入浴で代謝を高めること

タンパク質が糖化・カルボニル化を起こした老化物質は、やがて代謝されて体外へ排出されていきます。

しかし真皮層では完全に代謝されるまでに数年かかると言われており、一度できた黄ぐすみは簡単に落とすことができません。

そのため少しでも代謝を高め、老廃物の排出を促進することが予防になります。

軽い運動を続けるとか、ゆっくりと入浴する習慣をつけるなど、血行を良くするように心がけましょう。

代謝を良くするだけでなく、ターンオーバーを速め血色の良い肌を作るのにも役立ちます。

4.十分な睡眠を取りストレスを溜めない

黄ぐすみの予防には十分な睡眠を取ることも不可欠と言えます。

睡眠中には盛んに成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが行われます

このとき変質したタンパク質が排出され、新しい肌が作られていきます。

そのため質の良い睡眠が黄ぐすみ予防に繋がります。

睡眠の質を高めるにはストレスを溜めないようにし、リラックスして眠りにつくことが大切。

軽い運動や就寝前の入浴は、そうした意味でも効果的と言えるでしょう。

ただし激しすぎる運動や長風呂は逆効果になることもあるので要注意です。

黄ぐすみにおすすめの食べ物

黄ぐすみを抑えるために、血糖値を急に上げることのない食べ物を食べる事も重要になってきます。

黄ぐすみに良い食べ物・低GI値の食べ物はコレ

血糖値の急速な上昇を示すものとして、GI値というものがあります。

GI値が低いということは黄ぐすみ対策に良い食べ物ということです。

GI値が低い食べ物には

  1. キャベツやホウレンソウなどの葉物野菜
  2. 豆腐や納豆といった豆類
  3. 炭水化物でも玄米や麦

などがあり、すぐに血糖値を上げるものではないため、糖化を防ぐには良い食べ物となっています。

黄ぐすみに悪い食べ物・GI値が高いもの

黄ぐすみを起こす、促進してしまう悪い食べ物は、全体的に消化率が良く、すぐにエネルギーへと変化するものやストレートに砂糖が多く使用されているものです。

例えば、精白米やパン・うどんなどはすぐに消化できる炭水化物があります。

甘いお菓子は砂糖がたっぷり使われているので量を食べると消化が追いつきません。

甘いもの・糖質の取りすぎに注意

糖化に最も影響力のある組み合わせがデザートです。

メインディッシュの食事に含まれる糖分が消化される間もないうちに、糖分をふんだんに使用した甘いもので追い討ちをかけると、糖化生成物が作られる割合がさらに上がります。

もしデザートが習慣になっているのであれば、メインの糖質を減らすかデザートを少なくする、あるいは糖質が消化されるまで待って、時間をずらして食べるようにしてください。

黄ぐすみに関するQ&A

黄ぐすみには甘いものが良くないようですが、甘党の私はどうしたらよいですか?

食べるものと黄ぐすみに関係があります。

甘いものを摂り過ぎると肌の糖化を招き、肌を老けさせる原因にもなります。

糖分を摂ると本来なら体内でエネルギーに変換されて代謝されるのですが、エネルギーに変換しきれなかった分は体内に蓄積されてタンパク質と結びつき、糖化生成物を生み出してしまいます。

全部禁止となると厳しいかと思うので、甘いものの量を減らす・食事の時間から時間をずらすなどの工夫で糖質の消化がされるのでましになるかと思います。

黄ぐすみに合うファンデ-ションの色は?チークも付けていい?

黄ぐすみの人のベースメイクですが、ピンク系の下地を使って明るく見せるのがコツです。

ファンデーションは黄色っぽい肌色の人はイエロー系を勧められるのですが、ピンク系のものや薄いオークル系の方が上手く隠せます。

チークを使う場合には、肌に馴染みやすい黄み寄りのカラーを利用します。

具体的にはオレンジレッドやコーラルピンク、サーモンピンク、アプリコットなどが適しています。

ローズピンクやベージュピンクは合いません。

黄ぐすみに効くサプリはある?

美肌対策にはサプリを利用することが多いのですが、黄ぐすみ対策にも有効。

この場合に利用したいのは糖化や抗カルボニル化の効果が得られるものにします。

糖とタンパク質が結びつくのをブロックする働きを持つ成分には桜の葉エキスやシャクヤクエキスがあります。

現在ではまだブロック効果を持つものがそれほど多くは確認されていませんので、この二つの成分を覚えておくと選ぶのに役立ちます。

黄ぐすみって男性でもなる?

男性の方でも黄ぐすみになる場合はあります。

女性と同様に糖化という現象の可能性が高いです。

性別関係なく、紫外線を浴びている・甘いものを好んで食べているなどの人がなりやすく、若い人でも十分になる可能性があります。

女性同様に生活習慣の改善と紫外線ケア。

コスメなども取り入れてみても良いかと思います。

黄ぐすみに効果的な美白美容液の成分は?

美容液で対策を行う場合にも、糖化や抗カルボニル化を考えます。

どちらも真皮のタンパク質を黄色く変えてしまうという点では同じですが、カルボニル化の方がより肌を黄色くしてしまいます。

糖とタンパク質の結びつきを分解してくれるような成分が効果的ですので、ネムノキ樹皮エキスはかなり高い効果を期待できます。

肌の潤いが失われてくることでも黄ぐすみは起こりやすくなりますので、優れた潤い成分であるセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などをお手入れに加えることも有効です。

糖化着目の美白化粧品を使うのもおすすめ

スキンケアは毎日行うことですから、その中で黄ぐすみの原因である現象、糖化に効果的な美白化粧品を使うのは、改善方法としてはとても有効です。

抗酸化成分と言う点に関して言えば、ビタミンC誘導体やフラーレンなどが効果が期待できると言われています。

最近では黄ぐすみ対策に特化した成分の開発も進んでおり、現にその成分を配合した、糖化対策専用のスキンケア製品も出ています。

今話題になっているのは、カナデル プレミアホワイトという濃厚美白オールインワン。

成分もビタミンCエチルやボタニカルブライト13など、厳選されて配合されているんですよね。

@コスメでも高評価になっていて評判がいいので、一度試してみてはいかがでしょう。

私の体験レビューもチェック!

カナデル プレミアホワイトの実際の口コミや評判も知りたいですよね。

次のページで私の3か月間の体験レビューもまとめておきましたので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

カナデル プレミアホワイトの口コミが流出!※レビュー画像10枚添付

-黄ぐすみ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

夕方の黄ぐすみ肌にはコントロールカラーを活用!色の選び方も紹介

女性の肌の悩みで多いのがくすみに関してですが、中でも夕方の肌の黄ぐすみが気になる方も多いんです。 黄ぐすみ対策としておすすめなのは、コントロールカラーを使うこと。 自分の肌に合った色を選ぶことで、黄ぐ …

no image

黄ぐすみして肌が暗くなる!?ブルベ肌のための対策方法を紹介!

ブルベ肌だと時間とともに黄ぐすみすることってありませんか? 朝ファンデを付けた時はいい感じなのに、夕方だと顔が首よりも暗くなることも。 そんなブルベさんにオススメの黄ぐすみ対策方法は、ベースメイクのカ …